ホーム >  目的別 >  村民向け情報 >  奨学金 > 十津川村奨学金貸与規則施行細則
本文

十津川村奨学金貸与規則施行細則

平成5年4月1日制定
(貸与の申請手続き)
第1条 十津川村奨学金貸与規則(平成4年教育委員会規則第1号。以下「規則」という。)第2条第2項の規定により学資の一部(以下「奨学金」という。)の貸与の申請をしようとする者は、奨学金貸与申請書(様式第1号)に、在学証明書、成績証明書、健康診断書を添え5月15日までに村長に提出しなければならない。ただし、年度中途の申請で村長が特に必要と認めた場合は、この限りでない。
(奨学金)
第2条  規則第4条第1項の規定により細則で定める奨学金の貸与月額、貸与期間については次表のとおりとする。

区分貸与月額貸与期間学校教育法(昭和22年法律第26号)による大学及びこれに準ずる学校に在学中の者30,000円以内正規の最短授業期間   学校教育法による全日制高等学校に在学中の者20,000円以内
(貸与の決定通知)
第3条 村長は、規則第2条第4項の規定による奨学金貸与申請書の提出があったときは、規則第2条第1項の規定により審査し、貸与を適当と認めるときは、奨学金貸与決定通知書(様式第2号)によりその旨を当該申請者に対し通知するものとする。
(誓約書)
第4条 規則第5条の規定により、奨学生に選定された者は、2週間以内に保証人2人を定め(様式第3号)村長に提出しなければならない。
2 前項の保証人は、本村内に居住し、独立の生計を営むものでなければならない。また、奨学金の貸与を受けようとする者に、父又は母があるときは、前項の保証人のうち1人は、その父又は母でなければならない。
(借用証書)
第5条  規則第4条第2項の規定により、奨学金の貸与を受けた者は、その都度奨学金
借用書(様式第4号)を村長に提出しなければならない。

(貸与の休止又は打切りの通知)
第6条 規則第6条の規定による奨学金の貸与の休止又は規則第7条の規定による奨学金貸与の打切りは、奨学金貸与休止(打切り)通知書(様式第5号)を、直ちに村長に提出しなければならない。
(約定書)
第7条 奨学金の貸与を受けた者が規則第8条第1項各号のいずれかに該当することとなったときは、奨学金償還約定書(様式第6号)を、直ちに村長に提出しなければならない。
(償還免除申請)
第8条 規則第10条の規定による事由が生じたときは、その事由を証するに足る書類を添えて、村長に提出しなければならない。
(償還通知)
第9条 村長は、規則第8条に規定する奨学金の償還事由が生じたときは、奨学金償還通知書(様式第7号)により、当該奨学金の貸与を受けた者に通知するものとする。

附 則
この細則は、平成5年4月1日から適用する。

ダウンロード



お問い合わせ

十津川村役場   教育委員会
電話:0746-62-0003(直)・0746-62-0067(直)・0746-62-0001(代)    FAX:0746-62-0522    E-mail:kyoikuiinkai@vill.totsukawa.lg.jp

このウェブサイトについて皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?