ホーム >  目的別 >  村民向け情報 >  税について > 固定資産税
本文

固定資産税

【納税義務者】
1月1日現在、十津川村内に固定資産(土地、家屋、償却資産)を持つ人です。1月2日以降の売買、新築増改築などによる取得者の課税は翌年度からになります。

【税額の算出方法】
税額は土地、家屋、償却資産の課税標準額に100分の1.6の税率を掛けて求めます。

【納期】
5月、7月、11月、2月の4回

【家を新築すると】
一定の要件を満たす住宅を新築されますと、家屋の固定資産税が減額されます。くわしくは、財政課へおたずねください。

【土地・家屋価格等縦覧帳簿の縦覧】
納付すべき当該年度の固定資産税に係る土地または家屋について、その価格(評価額)を比較していただくために、縦覧期間中のみ土地・家屋価格等縦覧帳簿を縦覧できます。
ただし、土地を所有する人は土地のみ、家屋を所有する人は家屋のみ縦覧できます。

●縦覧期間・・・ 4月1日 ~ 5月31日(期間については、年度により異なる場合があります。)

●縦覧できる人・・・村内の土地または家屋に係る固定資産税の納税者本人と同居の親族、代理人(委任状を持参のこと)

【固定資産課税台帳の閲覧】
4月1日から固定資産課税台帳の閲覧がいつでもできます。(閲覧手数料は一件200円、ただし、縦覧期間中は無料です。)
なお、閲覧には印鑑(認め印)が必要です。
※ 固定資産の価格(評価額)について、固定資産課税台帳に価格等を登録した旨の告示の日(4月1日)から納税通知書の交付を受けた日後60日までの間に、固定資産税評価審査委員会に対し、審査の申出をすることができます。



お問い合わせ

十津川村役場   財政課
電話:0746-62-0903(直)・0746-62-0001(代)    FAX:0746-62-0580    E-mail:zaisei@vill.totsukawa.lg.jp

このウェブサイトについて皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?