ホーム >  目的別 >  観光情報 > 十津川温泉郷
ホーム >  十津川村の紹介 > 十津川温泉郷
本文

十津川温泉郷




 

泉  質:
温  度:
湧出量:
効  能:
単純硫黄泉
60℃
毎分600L
リュウマチ性疾患、慢性婦人病など

 大字武蔵、十津川本流の左岸にある湯泉地温泉は十津川村で最も古く、560余年の歴史を秘めた渓谷沿いの素朴な温泉です。 宝徳2年(1450)湧出した後、信長に追われた佐久間信盛が武蔵に隠棲(いんせい)中、湯治(とうじ)に訪れたとか、大和郡山城主豊臣秀長の子秀保が文禄4年(1595)、湯泉地において小姓と無理心中したなどの伝説が残っています。 源泉より十津川に沿って旅館や民宿が点在し、静かで山峡の情緒も味わえる所として、観光客に人気を集めています。





泉  質:
温  度:
湧出量:
効  能:
ナトリウム炭酸水素塩泉
70℃
毎分800L
きり傷、やけど、神経痛、糖尿病など

 元禄年間に炭焼き職人が発見したといわれる下湯を源泉とし、昭和38年十津川温泉ができました。 ここは古くから村の南の中心地として栄えていましたが、温泉の開発により、十津川村で最も多くの旅館や商店が集まり賑わう、村内最大の街になっています。 十津川温泉には、旅館以外に、昴の郷 温泉保養館「星の湯」や2軒の公衆浴場があります。特に「星の湯」は自然に溶け込んだ7種類のお風呂に人気が高く、全国でも珍しい温泉プールも隣接しています。
※星の湯は、温泉パイプを水で冷却し、源泉100%にしています。




泉  質:
温  度:
湧出量:
効  能:
ナトリウム炭酸水素塩泉
85℃
毎分120L
皮膚病、神経痛、消化器など

 十津川温泉より和歌山県龍神に向かう県道龍神十津川線沿いにある上湯温泉は、十津川温泉から西へ約5kmの上湯川上流に湧く温泉。享保年間に里人が見つけたといわれる大自然の中に静かに開ける秘湯です。 この温泉は、旅館の露天風呂に利用されています。


お問い合わせ

十津川村役場   観光振興課
電話:0746-62-0004(直)・0746-62-0001(代)    FAX:0746-62-0210    E-mail:kankou@vill.totsukawa.lg.jp

このウェブサイトについて皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?