ホーム >  目的別 >  村民向け情報 >  水道について > 水道の管理について
本文

水道の管理について

給水装置は個人所有物

 

 浄水場からの水道水は、各家庭に配水されるのですが、その水を引き込むためには、給水管、止水栓、水道メーター(村が利用者に貸与)、蛇口などの「給水装置」が必要です。

 「給水装置」は利用者の負担により設置し、利用者の所有となるものですので適切に管理しなければなりません。
 アパートなどの集合住宅などに設置している、受水槽や屋上に設置されている高架水槽は、所有者や居住している利用者が管理することになっており、清掃や点検を行い、いつもきれいにしておきましょう。

 

漏水修理は利用者の負担

 

 「給水装置」から漏水し修理が必要な場合は、修理にかかる費用は利用者の負担となります。修理は、十津川村指定の給水装置工事事業者に依頼して行ってください。
 なお、修理前に修理業者と費用等についてよく相談されることをおすすめします。

 

水道メーターはきれいに

 

 水道メーターの上に自動車や物を置いたり、近くに犬を放したりしていませんか。このような場合は、検針が出来ないため使用水量を推定させていただくこともあります。
 また、ゴミが詰まっていたり、水浸しになっていたりするものも見受けられます。
 正確に検針できるようご協力をお願いします。
 

 

 

 

 


 


ダウンロード



お問い合わせ

十津川村役場   水道課
電話:0746-62-0908(直)・0746-62-0001(代)    FAX:0746-62-0020    E-mail:suidou@vill.totsukawa.lg.jp

このウェブサイトについて皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?