ホーム >  目的別 >  村民向け情報 > 十津川村の地方創生の実現にむけて
ホーム >  お知らせ > 十津川村の地方創生の実現にむけて
本文

十津川村の地方創生の実現にむけて

 

地方創生とは? 総合戦略とは?

 

 地方創生は「まち(むら)・ひと・しごと創生」をめざす取り組みです。魅力的な「むら」づくり・「しごと」づくりにより「ひと」を呼び込み、さらなる「むら」づくり・「しごと」づくりにつなげていく「むら・ひと・しごと」の好循環を創出して、十津川村の活性化(人口減少問題や村内経済の縮小の克服)をめざします。

 総合戦略は地方創生に関連する2016年(平成27年度)から2020年(平成31年度)までの5年間の具体的な取り組みや数値目標を定めた計画書です。平成26年11月に成立した「まち・ひと・しごと創生法」に基づき、十津川村では、村民をはじめ産官学金労言(経済、行政、学識、金融、労働、言論)など様々な分野の方からご意見をいただきながら村独自の『十津川村「こころ豊かなむら・ひと・しごと創生総合戦略』を定め、村の活性化と移住定住の促進の好循環づくりを進めていきます。

 

⇒総合戦略(国)の詳細はこちら  総合戦略(奈良県)の詳細はこちら

 

 

十津川村「こころ豊かなむら・ひと・しごと創生」総合戦略の概要

 

 十津川村では「村民の方が最期まで安心して暮らし続けることができる村づくりや雇用の創出を進め、十津川村出身の方や村の暮らしに魅力を感じる方を全国から呼び込んでいき、村の活性化と移住定住の促進の好循環づくり」に取り組みます。

 

 「むら創生」…村の暮らしを豊かにしてきた森林、文化、風景、ひとの絆などを守り、村民みんなが最期まで幸せに暮らし続けられる十津川村をめざします。

 「ひと創生」…こころを合わせて村の暮らしやしごとを支え合い、村の将来を担う「ひと」を増やし育む十津川村をめざします。

 「しごと創生」…村の資源を活用した村内産業の継承・発展による雇用の創出と、多様な働き方に合わせて「しごと」を続けられる十津川村をめざします。

 

⇒総合戦略の詳細は下部のダウンロードから、ダウンロードしてご覧いただくことができます。 

 

十津川村が地方創生の実現に向けて取り組むことの意味

 

 十津川村が、十津川村総合戦略を策定して、地方創生の実現に取り組むことには次のような意味があります。

 

  - 十津川村ならではの「豊かな暮らし」、「幸せな暮らし」の価値を高めていくこと

  - 十津川村を次の世代につないでいくこと

  - 日本や世界が直面していく課題の解決の足跡を残すこと

 


ダウンロード

お問い合わせ

十津川村役場   地域創生推進課
電話:0746-62-0910(直)・0746-62-0001(代)    FAX:0746-62-0210    E-mail:tiikisosei@vill.totsukawa.lg.jp

このウェブサイトについて皆さまのご意見をお聞かせください。

質問1    このページの内容は参考になりましたか?

質問2    このページの内容はわかりやすかったですか?

質問3    このページの情報はみつけやすかったですか?